エノテカ バッカナーレ(森林公園)2017/04/18 01:14

訪問:2017/4/14 11:15
評価:総合4.0、味3.5、サービス4.0、雰囲気3.5、CP5.0
かなり前からパスタは「手打ちのみ」ということで注目していたが、何しろ遠くて情報も少なく、さらには半端ない不定休で(理由が農作業のためとか・・)、なかなか行けなかった店だ。
子供が就活のために一時帰省してきた際に、イタリアンが近くに無いので食べたいというリクエストに応えて、免許取りたての運転練習を兼ねて行くことにした。
 
道路から見える所にイタリア国旗が出ていたので、まずは一安心。
シェフが駐車場脇の雑草取り(?)をしていたので、1番乗りだ。のどかだなぁ・・
 
外観
 
入口のドアを開けると、「こちらでお待ちください」との黒板。
 
メニュー・手打ちパスタ展示・ディナーメニュー
▲左上:ランチ詳細  左下:手打パスタ標本  右:ディナーメニュー
 
待っている間に入口のテーブルに20種類以上の手打ちパスタの「標本」が飾られているのに、見入ってしまった。ウワサ通りの拘り。
席に案内され、厨房側の黒板を見ると「撮影は一言声をかけて下さい」とあったので、声をかけて撮影開始。他のお客さんがいる時は、配慮していただくという話だった。
 
今日のメニューは、奥様(? 未確認)が黒板で持ってきてくれて、一通り説明してくれる。
日付が入っているので、毎日違う料理が出てくるのかもしれない。
店頭や入口黒板には1380円のコースしか書かれていなかったが、こちらにはいくつか別のアプローチが記されている。
 
期待の手打ちパスタは、単に「パスタ」という説明で、何が出てくるか分からず。ソースと具材は書いてあるのだが、この段階で拘り度に?マークが付いてしまった。
せめて、今日のパスタはxxで、xx地方のxxだとか、xxxで作るだとか、説明してほしいなぁ。田舎立地なので、ほとんどの客は分からないからと省略しているのだろうが、分からないのだから説明しないと、せっかくの手打ちパスタの素晴らしさが広がらないと思うのだが。
 
自家製リンゴ酵母パン
自家製リンゴ酵母パン
 
まずは、自家製パン。
イタリアンのパンとは言えない(イタリアでも遭遇したことが無い)タイプのパンだが、パン自体は美味しい。
すぐに無くなってしまい追加が欲しくなったけど、特に案内が無かったので有料でも不可なのかは不明。
 
前菜盛り
前菜盛り
 有機野菜とモルタデッラのサラダ、ファリナータ、白いんげん豆、
 フリッタータ、にしんのカルパッチョ
 
コース最初は、前菜盛り合わせではなくて「前菜盛り」!
内容的には無難というか、特徴が無いというか、普通にいただけるのだが、この中で1品だけ珍しい料理があった。
 
ファリナータ
ファリナータ
 
この薄焼きピザみたいな料理、ファリナータ[Farinata] というリグーリア州生まれの料理だそうだ。(店で聞いたのではなく、自分で調べたもの)
材料はヒヨコマメの粉(小麦粉代用版もあるみたい)と、オリーブオイルに塩胡椒ぐらいで、家庭で気軽に作れるおやつのようだが、現地版の写真や映像を確認した限りでは、この店のは少し脂っぽいうえに、何かを加えて味を作っている感じ。
たぶん、本場物よりも美味しいだろう。
 
玉葱のスープ
本日のスープ
 
お次は、イタリアンでは珍しいスープ。
今日のスープは「玉葱のスープ」とのことで、フレンチ的なスープをイメージしていたら、ぜんぜん違うものが出てきた。
コンソメスープベースに焦がし玉ネギを少し入れた風味かなぁ。独特。
 
焼リゾット チーズソース
焼リゾット チーズソース
 
パスタ・リゾット類は3択ということで、パスタが苦手な家内は焼リゾットをチョイス。
味見ベースだが、かなりチーズ濃厚。
家内が言うには、チーズが分離していて美味しくないと。
 
キノコと自家製パンチェッタ(パスタ)
キノコと自家製パンチェッタ
 
私はキノコを選んだが、具沢山で肝心のパスタが見えないほど。
パスタの話は後にして、味付けの方は、まあ無難としか言いようが無い。
 
ホウレン草と自家製サルシッチャのトマトソース(パスタ)
ホウレン草と自家製サルシッチャのトマトソース
 
子供はトマトソース。
挽肉に見える部分は自家製サルシッチャになるわけだが、ほとんど味の無いもので、後から挽肉を加えただけっていう感じの料理になっていた。トマトソースも平凡。
 
手打ちパスタをアップ
 
お目当ての手打ちパスタだが、2種類とも同じで「キタッラ」だろう。
ただし、見た目の通りラーメンの麺という食感で、パスタになっていなかった。
期待していただけに、残念。
ラーメンの麺だという見解は、私だけでなく子供や少し味見をした家内も同様。
 
一言加えておけば、先週出かけてきたピエモンテ州トリノのミシュラン1つ星店で食べたタヤリン(ピエモンテ州のパスタ)が、現地で初めて経験したラーメンの麺みたいな食感だったので、イタリアでも店によっては、卵麺系のパスタでラーメンみたいな麺が出てくるのかもしれない。(注:タヤリンがラーメン麺と同等というわけではないことは、2日後に行った別の店で確認できている)
 
デザート
 
デザートは3択で、家内と子供はキャラメルジェラート、私はバニラのパンナコッタをチョイス。こちらの出来は良かった。
特にパンナコッタは、食感的には今一歩ながらも濃厚で好み。
 
メイン料理をパスしたのは、パスタと交換で400円加算、単品加算で980円と、全体の価格設定から見ると割高だったことと、鰊の香草パン粉焼きに魅力を感じなかったからだが、前菜盛り・パスタ・ミニデザート・ドリンクで1380円(もちろん税込!)は安いと思う。
近くにあれば何度か試してみたいが、家から40Km離れているので無理だ。
 
【店舗詳細情報】
店名:エノテカ バッカナーレ
電話:0493-57-1211
営業:11:00~15:00、17:30~
定休:不定休(ブログ掲載)
住所:比企郡滑川町羽尾4396-3(☞ Google MapBing Map
GPS:36.057837, 139.369798

■参考