ビストロ・アンジュール(さいたま新都心)2018/01/13 16:53

訪問:2018/1/11 11:40
評価:総合4.0、味4.5、サービス3.5、雰囲気3.0、CP5.0
HP:なし
新規開店直後の訪問しかランチレビューを載せていなかったうえに、その内容が辛口だったことから申し訳ないと思いつつ4年以上経過してしまった。
所用の待ち時間を利用して食べてきたので、懸案だったその後のランチレビューをお届けしたいと思う。
 
メニュー
 
4年前との価格差は、消費税が3%増税になった分だけで、Aランチが1250円Bランチが1850円になっている。表面上は同じ構成であるものの、内容がはるかに良くなっているのだから、実質値下げ。スバラシイ!
ランチコースは予約制に変わっているが、3600円で健在。ディナーコース仕様なので、夜に行くことができない方にはお勧めだ。
 
今回は、いつものように「Bランチ(サラダ・スープ・メイン・デザート・ドリンク)1850円」をお願いした。
 
自家製パン
パン
 
常温で出してくる自家製パンが不味いと何度か書いた気がするが、今回はしっかり温められて出てきた。改善しているなぁ。
 
スープ
スープ
 
スープは、量は少ないもののディナー仕様のもの。
量を捌く必要のあるランチで、しっかり作られたスープを出してくる店は、そうそう無い。
 
追加のパン
 
追加のパンは、市販のバゲット。
温められていないが、市販品だけに無難。
 
水
 
水は、フランスのビストロと同様にピッチャー(フランスではワインボトルで出てくることも多い)で出してくれる。
 
サラダ
サラダ
 
当初のランチレビューを見ていただければわかるが、一番大きく変わっているのがサラダだ。
当初は葉っぱだけで、洋食屋のおまけサラダだったのに、今は数種類の野菜にアクセントの前菜が乗ってくる。
今日は、自家製のサーモンのマリネだった。
 
ホエー豚ホホ肉の赤ワイン煮
ホエー豚ホホ肉の赤ワイン煮
 
2択のメインからは、肉料理をチョイス。
魚料理が大嫌いな柚子味だったので選べなかったが、この店は和風の内装なので、和食アレンジの方が合うかもしれない。個人的には食べたくないけど・・
 
ホエー豚ホホ肉の赤ワイン煮
 
結構大きな肉の塊で食べ応えがあるし、腕のあるシェフなのでソースが旨い。
肉も柔らかで満足。
 
デザート
デザート
 
デザートはミニサイズのクリームブリュレ。
これも、バニラビーンズの入った真っ当な製法のものだ。
 
最後に珈琲か紅茶が付いておしまい。
私の定番のミルクティーは、温められたミルクを付けてくれる。
 
 
何度も書いているが、この店の場合はアラカルトのディナーが充実しているのでお気に入り。そこらのフレンチとは一線を画しているのだ。
冬場は、複数のジビエがアラカルトで乗ってくるので(埼玉フレンチでは、この店以外で存在しないと思う)、できればシーズンの終わる1月中にディナーを試してみていただきたい。
 
サービスはビストロだけど、料理はグランメゾン級のものが出てくるのだから、ビストロだと思って出かけると大きく裏切られることになる。もちろん、安価なビストロメニューもあるし、新都心駅から近いので予約なしでフラっと寄れる点でも使い勝手の良い店だ。
 
もうひとつ、過去レビューに何度か載せているが、半端ないワインリスト(黒板に書かれている)に、ワイン好きの方は注目してほしい。
数万円クラスを中心に10万円を超えるボトルまで、数えていないけど100種類ぐらいはありそうだ。(安いワインは、通常メニュー側に載っている)
ディナーではホールスタッフ(シェフの奥様のお母さま担当)のサービス面では、ソムリエどころかまったく期待できないものの、空いていればシェフからうんちくを聞くことができるかもしれない。(私は飲めないので、勝手な予想だけど・・)
 
めったにディナーでは見かけないシェフの奥様が出てくれば(ソムリエ資格を持っていると聞いた気もするが、ほかの店と勘違いかも?)、サービス面でも多少は期待できる。
 
アラカルトメニューを見てしまうと、やっぱりディナーを食べに来たくなってしまう。家から徒歩圏なので、国内外食はやめたと宣言したものの、例外的に行ってしまう可能性大だ。
 
【店舗詳細情報】
店名:ビストロ・アンジュール ~フランス食堂~
電話:048-856-9497
営業:11:30〜13:30(LO)、18:00〜20:30(LO)
定休:月曜日、日曜夜は予約のみ営業
住所:さいたま市大宮区吉敷町4-248-11(☞ Google Map, Bing Map
GPS:35.8938,139.636024
 
■参考:
前回のディナー訪問  ←この間複数回の訪問あり
前回のランチ訪問  ←この間多数訪問あり

コメント

トラックバック