trattoria timbro [トラットリア ティンブロ](大宮)2018/08/14 19:37

訪問:2018/8/10 18:00
評価:総合3.5、味4.0、サービス3.0、雰囲気3.0、CP3.5
HPtrattoria timbro 
結局ランチには2度ほど出かけたものの、ディナーは新規開店翌々日以来1年ぶりの訪問になってしまった。
イタリアンなら夏場だよなぁと思って他の方の情報を探っていたら、店のホームページが出来ていることを発見し(昨年12月の時点で出来ていたみたい)、その中のBlogコーナーに「フランス産鴨フィレ肉と、フォアグラのロッシーニ仕立て」という文字があるのに目が釘付け!(☞ こちら

ディナーメニュー

ということで、フレンチシェフ出身の奥様が作るフランス料理をいただこうと出かけてきた。
ちなみに、奥様はランチと週末のディナーしか店に出てこないそうで、それ以外はオーナーでイタリアンシェフのご主人が全部ひとりで回すそうだ。
 
フランス料理だから無理でしょって話したら、できますよ~と言われていたけど、フレンチの基礎ができていない人には無理だと思っている。ゆえに、フランス料理目当ての方は、週末のディナータイムだけしか楽しめないことになるかな?
 
アミューズ
アミューズ(216円)
 
お二人と話していたので説明を聞きそこなっただけでなく、味わうことなく食べてしまったアミューズだが、写真を見る限りは前回と同じかな?
今度はちゃんとコペルトではなくアミューズ代を徴収するとメニューに書かれていたが、ここイタリアンだよねぇ?
パン代を別に徴収しているからコペルトという表現が使えないからかなぁ・・
 
ちなみに、現地でメニューに書かれていない無料のアミューズが出てくるケースがあるのはフランスの方だ。イタリアでもアミューズが出てくることがあるが、高めのコペルトを徴収している店が普通。
 
 
ポルチーニ茸と三陸産牡蠣のペペロンチーノ スパゲティー二
ポルチーニ茸と三陸産牡蠣のペペロンチーノ スパゲティー二(1836円)
 
私がこの組み合わせではポルチーニの風味が殺されてしまうと主張しているにもかかわらず、生の(冷凍)イタリア・トスカーナ産のポルチーニを使い、乾燥ポルチーニを使わずに出汁もしっかりそこからとっているので旨いとオーナー氏が主張してきたことから、前菜はパスタを頼むことになってしまった。
 
イタリア現地でも生ポルチーニだけでは、あの風味は出せないと確認済みなんだが(☞ Ristorante Crotto Ombra、他)、予想通り。
それ以上に、冷凍ポルチーニの食感が悪かった。
 
本来は、トロっとした他のキノコ類では体験できない食感があるはずだが、小さくカットしすぎていることもあってかその食感を楽しめないし、予想通り牡蠣の強い味でポルチーニの風味を消してしまっていた。というか、この味、複数の別の店でもポルチーニ以外で食べたことあるなぁ。あまりペペロンチーノ系のパスタを食べないので、どこで食べたのか思い出せないけど・・
 
 
フランス産鴨フィレ肉と、フォアグラのロッシーニ仕立て 赤ワインソース
フランス産鴨フィレ肉とフォアグラのロッシーニ仕立て 赤ワインソース(2484円)
 
メインはもちろんお目当ての品。
若い時に1年ほどフランスで修業したという奥様に聞くと、肉料理が得意とのことで期待していたわけだが、出てきた皿のフォアグラの量を見て驚き。
フォアグラが入ると途端に値段を上げる店が多い中で(実際は和牛なんかよりも安くて、フランス産の冷凍もので100g700円程度)、本来のロッシーニ風らしい皿で出てきた。
 
おまけに、フォアグラの質もトロトロ感のある味の濃い良いものを使っている。スバラシイ!
 
鴨フィレ肉とフォアグラのロッシーニ仕立て(横から)
 
鴨も十分なポーションで肉質も悪くなかったのだが(焼きは微妙だったけど)、残念だったのは赤ワインソース。ちゃんとソースベースを作っていないのだろう。赤ワインだけに頼ったようなお手軽ソース的なものだったのだ。
 
肉質もフォアグラも良く、ソースもフランス料理らしくたっぷりと私好みの皿だったので、ぞこだけが残念。って、フランス料理の要の部分だから、これが実力なんだと思う。(決めつけすぎ?)
 
 
1皿だけながらもおおよそのシェフの技量は見えてしまったので、閉店した Maison d'H のように何十回も出かけることにはならないと思うが、値段の割には質の良い肉を使っている点では評価したい。
アラカルトメニューを見ると「うずらのロースト」だとか「フランス産 うさぎモモ肉のコンフィ」と気になるメニューもあることから、フレンチが美味しくなる晩秋以降にまた食べに行こうと思っている。
 
 
【店舗詳細情報】
店名:trattoria timbro[トラットリア ティンブロ]
電話:048-783-5387
営業:11:30~14:00(LO)、18:00~22:00(LO)
定休:月曜日+不定休(ランチは水曜~土曜のみ)
住所:さいたま市大宮区上小町603-1 新横溝ビル1F(☞ Google MapBing Map
GPS:35.901665, 139.610945
 
■参考